※このブログはタイトル負けしています。ご理解の上、ご了承ください。

エジプトと言えばピラミッド。

言わずもがな的、観光スポットへ今日は向かうことにした。

同宿の日本人の皆様方にご一緒させていただいて、いざ出発。と言いたいところだが、なかなか起きてこない方数名…。
動き出しの遅さに定評のある僕ですら、「いや、おっそ」と思う2時半にようやく出発。まあ、どうせ暇だから気にしてないんだけどね…。

宿を出てしばらく歩き、地下鉄の駅からギザを目指す。ピラミッドはカイロではなく、隣のギザという街にあるのだ。

まずは駅で切符を買い、電車に。
エジプトの地下鉄は日本と変わらず、切符を改札に通すシステム。最初はドキドキしていた海外の地下鉄も、徐々に慣れてきてしまっている24の夏。

しかし!カイロの地下鉄!
車内が異常に暑い。暑いと思っていた外の空気を体が欲するほどに暑い。窓がないくせにクーラーもファンもない。一体どういう意図をもって作られたのだろうか。

そんな移動式サウナに乗って20分。ようやくギザ駅に到着。

そこからはバンに乗ってピラミッドへ。

しかし、ここで問題発生。バンの運転手曰く「ピラミッドのゲートは4時に閉まる!」とのこと。このときすでに3時50分。
インド同様、エジプトにも詐欺師は多いらしいので、周りの人に確認する。…が、事実っぽい。あと10分。
うん、ミッション・インポッシブル。

時間が巻き戻るのなら、宿で熟睡している彼らの布団を引っぺがし、たたき起こしてやっただろうに!
一瞬、そんな摩訶不思議時空旅行的思考が頭を巡る。
がしかし。これはピラミッドにまつわるSF映画の見すぎと、僕の中の中学二年生がタッグを組んで生まれた妄想なので、すぐに頭から追い出し、現実世界で対策を練る。

「しゃーねーな、明日リベンジするかー。」みたいな空気があっさり生まれる集団。なんせ旅をしているものは総じて時間を持て余しているから。1日のロスなど、もはやロスではない。
しかし、メンバーに一人。今日の夜、モロッコに行く航空券を握りしめている男がいた…。彼にエジプトの明日は来ない。

あーでもないこーでもないと話し合った結果、とりあえずみんなで入り口まで行ってみよう。旅は道ずれだと!
もしかしたらまだ開いているかもしれないし、今日しかチャンスがないと言えば入れてくれるかもしれない!ということでいざ出発。

うん。開いていない。入れてくれない。

すると近くに待ち構えていたエジプト人からこんな提案が。
なんでも敷地内には入れないが、ピラミッドを眺められるビュースポットがあるらしい。そこに馬車で行き、ラクダに乗れて一人70ポンド(420円)でどうだ、と。

ただ、こいつが胡散臭いのなんの。普段なら絶対拒否。…が、明日にはモロッコにいる男がひとり。
「僕だけ行くからいいですよ。」という健気さ。旅は道ずれ。いざ、ゆかん。胡散臭い道へ。

ということで、普段なら絶対に乗らない誘いにのり、馬車に揺られ、ビュースポットに!

うん、まず馬車は意外に楽しい。のでここは高評価。
しかし、ビュースポット自体は△。後日分かることだが、ピラミッドの敷地にあるビュースポットのほうが断然すばらしい。
そして、ラクダは…結局別料金とるじゃねーか!誇らしい顔しやがってラクダめ!かわいいな、おい。

日本を支える基本的人権の尊重はエジプト人には適応外だと信じて、70ポンドで誘ってきたお兄様の写真はここに貼っておこう。

ということで、一日を無駄にしてしまった…。
帰路、誰からともなく一言。

明日、何時に起きます?(てめえら絶対起きろよな!)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

※世界一周ブログランキングに参加しています。上記の世界一周バナーをクリックしてページが移行すると、ランキングが上がる仕組みになっています!良ければボタン、クリックしていただければ幸いです!